読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず世界一周っぽいことしているブログ

2015卒で4月から入社をしようとしていたのですが、会社から7月に入社しろと言われ一気に暇になったので世界一周もどきをしていたブログです。今は働きながら、昔のことを書いています。土日に更新する可能性が高いです。

チューリッヒに移動して、友達と合流し、夜まで飲んでた話【ジュネーブ→チューリッヒ】

実は、国連のツアーは当初参加する予定ではなくて、この日は一気にドイツまで行く予定だったんです。

 

しかし、ツアーの評判がいいことから、急きょ予定を変更。どこか途中の都市で1泊してからドイツいくべー、と予定を変えました。

 

結局、

ジュネーブ → ニョン → ローザンヌ → チューリッヒ → ニュルンベルク


という道筋でいこうとして、チューリッヒで宿泊しようとしました。その時、大学時代の友達がチューリッヒインターンしていたので、「もしかしたら・・・」と思い、ダメ元で飯でも食えないか連絡してみる。さすがにね、当日だしねー

 


ふ「急遽チューリッヒ行くことになったんだけど、今日の夜とかあいてない?」


友「今仕事中だけど夜なら!」

 


おぉ!!ダメ元でも連絡してみるもんだ!!てか、今日土曜日だよな??まぁ、仕事中なのは気にしないでおこう!!サンキューマイフレンズ。

 

ということで、チューリッヒ到着に向けてジュネーブから移動。

 

 

最初の移動には鉄道でなく、レマン湖を船で通っていきます!!


このレマン湖、フランスとスイスにかかっている湖なのですが、スイス側からの景色はとてもきれいで、「フランス人ドンマイ」ってスイスの人に言われているそうなのです!クルージングからの景色楽しみ―!!


船のチケットは、ユーレイルパスを持っていれば無料です。事前の予約も必要なし!ただ、時期によって出発時刻が違うので、それは注意してください!!


船乗り場

f:id:fujitk810:20150616021537j:plain


中の様子!これはレストラン、もちろん、高いので使いませんでした。写真だけね

f:id:fujitk810:20150616022012j:plain

バーもある!ただ、高いので、パス

f:id:fujitk810:20150616023559j:plain


中には、こんなものも。これが動いてるんですよー、まじかで見れるんですよー

 

f:id:fujitk810:20150616052721j:plain

船はこんな感じ!もちろん、外に座る場所だけじゃなくて、中にも座る場所はあります

 

f:id:fujitk810:20150616052951j:plain


出発!さらばジュネーブ!!

f:id:fujitk810:20150616053258j:plain

 

途中の港の下で卵を育ててる鳥発見。船員さんがパンあげてた、元気に育てや。

f:id:fujitk810:20150616053421j:plain


船からの景色!風がきもちいー!!

 

f:id:fujitk810:20150616053558j:plain

 


いやー!いいねー、風が気持ちいいぜー!!ちょっと寒いかな?

 


~30分後~

 

f:id:fujitk810:20150616053718j:plain


いやー、湖広いなー。。。うん。。気持ちいいよ?ちょっと寒いけど

 

 

 

 

 


~1時間後~


中は行ってブログ書こう。寒いし景色飽きたわ。

f:id:fujitk810:20150616053821j:plain

 

 

そんなこんなで、ニョンに到着!

f:id:fujitk810:20150616054007j:plain


ここからは電車に乗り換えるので、駅に向かいます。

駅に行く途中の道のり、ここをバックパック背負っていくのはきつかった

 

f:id:fujitk810:20150616054325j:plain

登り切った景色、街並みとあいまってとてもきれい

f:id:fujitk810:20150616054517j:plain

これがスイス側から見るレマン湖か・・・とちょっと感慨にふける。

そのまま駅に向かうと、なんかお祭りやってる!!

 

f:id:fujitk810:20150616054807j:plain


みんなが食べてるこれがおいしそうで注文。

f:id:fujitk810:20150616054943j:plain


名前は「MALKAKOFFS」っていうんだって。パンの上に魚のすり身?みたいなものをのっけて油で揚げたもの。外はカリッと、中はふわっとですごいおいしかった!しかも、前にいたおっちゃんがおごってくれた!!あざーす!!!!うれしー!!

それから、駅に向かう途中も屋台がたくさん!

 

f:id:fujitk810:20150616055430j:plain


なんと!FREE BEER!!

 

f:id:fujitk810:20150616055603j:plain

 

楽しかったー!ここではビールと会いそうなチーズやソーセージを買い食いして、駅に向かいました。肉屋がすごい多かったのはなんでやろ?


ニョンからは電車でローザンヌに!ここは、スイスで一番美しいと評されている「ノートルダム大聖堂」が!

 

ローザンヌの駅からは歩いても行けますが、坂道でめんどいので電車で。

見えた!

f:id:fujitk810:20150616064954j:plain

中はこんな感じ!この時点で、教会に飽きているモードに入っているので、非常に雑な紹介です。

 

f:id:fujitk810:20150616065949j:plain

 

 教会の近くから街を見下ろした景色。これもまた絶景。

f:id:fujitk810:20150616070634j:plain

 

ローザンヌはニョンに比べたらとても都会な感じでした。ニョンはアットホームな街でしたね。おごってもらえたし。


この後、まさかの電車を間違えてしまい、到着時間が大幅に遅れる。本当、すんません。


なんとかチューリッヒに到着!友達と多分4年ぶりくらいの再会!!

 

チューリッヒは川が近くにある場所なので、川辺で飲むのがチューリッヒ流らしい。スーパーに行って、酒買って川辺に。確かに!すごいいい景色!!

 

f:id:fujitk810:20150616070952j:plain


あ、写真がぶれているのは酔っぱらって撮ったからです。了承ください。

 

久しぶりにあって、最近の話やあってなかったときの話、これからの話など本当にたくさんのことを話しました。いやー、話が積もる積もる。

 

話に花が咲きすぎて、気づいたら深夜12時をまわっていた!!家までのトラムあるかなーという話をしながら、トラムの駅まで。


そしたら、そこでチューリッヒの酔っ払い軍団に絡まれる。

 

酔っ払い「ジャパニーズ??おー!!ジャパニーズ!!ジャパニーズ!!!!フォー!!!フジヤマ―!!!スズキー!イチロー!!!」(忠実に再現しています)


ここからは記憶の都合上、箇条書きで


・酔っ払い軍団からウォッカ?みたいな酒をもらい、飲む

・なんか、チューリッヒのサッカーチームのステッカーもらう

・明らかに10代の見た目で年齢聞いてみたら、「ピー」だった。

・酔っ払い軍団と絡んでいて、友達の家までのトラムを逃す

・なんか、一緒に飲みに行こうぜって感じになる。

・電車で移動した、気がする

・酔っ払いの誰かが俺のカメラでなんか撮ってた

・その写真がこちら

 

f:id:fujitk810:20150616072124j:plain

f:id:fujitk810:20150616072843j:plain

 

ぶれぶれやないか


・3時ぐらいに帰宅。多分。よく歩いて帰ってこれたな、俺たち

・次の日、二日酔いで出発時刻を3時間遅らせる

 

治安がとてもいいので、こんな感じで酔っぱらえるのはスイスのいいところだと思いますね。

物価の高さも、物価が高いからこそ他のところから変な人が住みに来ない、という側面があるとのこと。これは確かになぁと感じました。ヨーロッパ間の国境ってあんま感じない。電車乗ってると。

まぁ、治安についてはいろんな要素があると思うので一概には言えないとは思いますが、平和な国、スイスを感じられたのと、久しぶりに旧友と酔っぱらえた、素敵な夜でした。

国連のツアーに参加してみた【ジュネーブ 2日目】

ジュネーブといえば、国連の本拠地のある街。ということで、この日は朝から国連のツアーに参加!

 

国連までは駅前のバスで10分ほどの距離。場所もわかりやすいし、行きやすかった。

 


国連到着!

 

f:id:fujitk810:20150615163228j:plain


目の前にある片足のかけた机のオブジェ、これは地雷などで足を失ってしまった人たちをイメージして、地雷の撤去を訴えるオブジェ。

f:id:fujitk810:20150615163350j:plain


ツアーに参加するには、ここから歩いて10分くらいのところまで移動します。基本的には左手に道なりに行けばおけ。てか、人の流れがあるからすぐわかる。


到着!ここで手荷物検査を受けて、中にはいりツアーを予約。

f:id:fujitk810:20150615163453j:plain


ツアーが始まるまで、国連のブックショップに立ち寄る。かなり品ぞろえが良くて、見ごたえありました!ここで、札止めとパスポートカバーを購入。

f:id:fujitk810:20150615163552j:plain


ツアーでは主に国連の会議室をメインに回りました。ただ、英語のツアーだったのですべてを理解できているわけではないので、簡単にわかったものだけ紹介します。


同時翻訳の仕方について説明してくれた会議室。

f:id:fujitk810:20150615165152j:plain

 


この会議室は天井に注目。

f:id:fujitk810:20150615165306j:plain
このような様々な形・色が混ざっている天井にしたのは、

f:id:fujitk810:20150615165437j:plain

 

様々な視点・多様性のもと議論を行うということを表現したかったんだって。


中国寄贈の絵。

f:id:fujitk810:20150615165517j:plain

様々な国が芸術品を寄贈したり、会議室や廊下を造って出来ているのが国連の事務所なのです。

 

国連の中庭

 

f:id:fujitk810:20150615165612j:plain

この会議室はなにやるところかは聞き取れなかった・・

f:id:fujitk810:20150615170038j:plain


ぽつーんと、地球を表している陶器。そうです、これが日本の寄贈品なのです。

f:id:fujitk810:20150615170152j:plain


これを観たのは2階からなのですが、これが置いてある1階の中央広場の部分にはこれが中央に置いてあるだけ、という景色になっていて、とても目を引きました。やったね!ジャパン!!


最後はこの会議室。

f:id:fujitk810:20150615170302j:plain


こちらの会議室、何がすごいって会議室の壁がすごいの

 

f:id:fujitk810:20150615170417j:plain

f:id:fujitk810:20150615170521j:plain

 

f:id:fujitk810:20150615170848j:plain

壁画は奴隷の解放をテーマにしていて、君主にこきつかわれていた奴隷を助けるために5人の神が立ち上がった、みたいな感じだったと思う。訳が違ってたらすいません、同期ー!助けてくれー!!

 


こんな感じで1時間のツアーは終了。個人的には多様性を表現している会議室がすごい印象的でした!あと、ブックショップ見てると楽しい

 

帰り際に、国連の正面をとりました。

f:id:fujitk810:20150615171110j:plain


そして、自分を撮ってもらおうと美女2人組に写真撮影をお願いしたら、写真を撮っていない方の美女が一緒に肩を組んで写真撮ってくれました。家宝にします。

 

国連ツアー当日の予約もいらないですし、ジュネーブに来てみたらぜひとも行ってみてください!!グローバルな活動やこだわりを観れたので、いい刺激になりました!!

リヨンの旧市街とジュネーブ散策【リヨン 2日目&ジュネーブ 1日目】

朝、昨日も訪れたノートルダム大聖堂を再度訪問。

 


昨日は入れなかったノートルダム大聖堂の中を観光。

 

f:id:fujitk810:20150614231616j:plain

f:id:fujitk810:20150614232320j:plain

 

(なんか、、、教会飽きてきたな・・)


朝のリヨンを見下ろす

f:id:fujitk810:20150615053705j:plain

 

続いて、リヨンの旧市街。

f:id:fujitk810:20150615053835j:plain


旧市街は街並みを楽しみながら、レストランの選別を行ってました。どこもたけぇなぁおい。。

どこもおいしそうだったけど、個人的にお店の雰囲気が気に入ったのでここ。

f:id:fujitk810:20150615053951j:plain

コースランチで2000円弱と値段ははりましたが、料理もおいしくて満足でした!

 

ここで、同期とはお別れ。短い間だったけど、一緒に旅行して全然ストレスたまらない、いい奴でした。てか、まじで世話になりました。あざす!

この後、イスラエル行くって言ってたから生きて7月に会えることを願ってます。

 

 

同期と別れて、1人ジュネーブへ。電車の中でしゃべらないって、さみしいもんだなぁとしみじみ。


ジュネーブに到着し、いざ、ジュネーブ散策。


ホステルの受け付けのお姉さんいわく、ジュネーブ散策はそこまで広くないから結構早く終わるよ。とのこと。なので、とてもゆったり散策をしました。

 

 

まずは、レマン湖に向かいます。途中の道のり、やはり時計屋さんは多い

 

f:id:fujitk810:20150615054331j:plain


ついた!有名な大噴水が見える!

f:id:fujitk810:20150615054523j:plain

せっかくなので、大噴水の近くまで向かいます。歩いて10分くらいで到着!でけぇぇぇ!!!!!

f:id:fujitk810:20150615054711j:plain


虹がかかってとてもきれい!

f:id:fujitk810:20150615054814j:plain

ちなみに、自分以外でこの場所にいたのは1人のオッチャンを除いて全員カップルでした!はは!!


有名な花時計

f:id:fujitk810:20150615054954j:plain

続いて、むかうはサンピエール大聖堂!この日はもう終わってしまったのですが、中にはいってジュネーブの街を一望することもできます

f:id:fujitk810:20150615055100j:plain


以上

 

 

 

 

 

 

うん、以上で終了です。

 

 

ジュネーブというか、スイス全般に言えることですが、基本的にはゆっくり・まったりする場所なんだろうな、と感じました。レマン湖の近くでビール飲んだり、芝生に寝転んだり人たちを見て特にそう思いましたね。治安もいいし!

大噴水を観ながらビール飲んだ

 

f:id:fujitk810:20150615055524j:plain

あとは、物価が高いけど買い物とかウインドウショッピングとかにもジュネーブは向いてると思いました!


といっても、さすがにこれで1日終わるのもあれなんで、夜はジュネーブのバーめぐり!


1軒目はこちら、「Pub Lord Jim」。トリップアドバイザーで評価高かったので、行ってみました!

f:id:fujitk810:20150615064449j:plain


写真撮ろうとしたら、、お客さんたちもピースするw

 

ここのバーは中はとてもおしゃれなんだけど、店員さんたちはすごいフレンドリーでアットホームな感じがすごいよかったです!お客さんも、店員さんも楽しそうでこういうバーはすごいいいなぁと一人端っこで感じていたのでした。

 

この日はもう1軒だけバーに行ったんですが、あまりの物価の高さにここで辞めましたw明日のドイツへの移動に向けて、ゆっくり休みました。

リヨン散策【リヨン 1日目】

野宿から一夜あけ、リヨン観光に!まず、初めは「織物博物館」

 


写真禁止だったのが残念でした。織物は綺麗なんですが、説明がほとんどフランス語でまったく意味が分からなかった・・・

 

その後、買い物をしつつ、街歩き。本当にラッキーなことにこの日は「バラ祭り」と言って、リヨンの街がバラで彩られる日だったのです。

f:id:fujitk810:20150614072511j:plain


バラ祭りも相まって、リヨンは歩いているだけで観光することができる街でした。川沿いはきれいだし、

 

f:id:fujitk810:20150614072556j:plain


だまし絵があったり、

f:id:fujitk810:20150614072707j:plain

 


街にあるモニュメントがバラで飾られてるし、

f:id:fujitk810:20150614073053j:plain

 

f:id:fujitk810:20150614073322j:plain

歩いていて、とても楽しかったですね!


また、リヨンに来たら必ず来るべきなのが、こちらのチョコレート屋さん「ベルナション」

 

f:id:fujitk810:20150614073521j:plain


こちらはなんとリヨンで60年以上続いている老舗のチョコレート屋さんで、なんと有名店なのにここでしか販売を行っていないんです!レア!

 

f:id:fujitk810:20150614073616j:plain


バラ祭りにちなんで、バラのチョコレート。素敵。

 

f:id:fujitk810:20150614073801j:plain

 

こちらでは板チョコと得体のしれないチョコを購入。得体のしれないチョコは綿菓子(?)にチョコレートをコーティングしたもので、甘さ大爆発でした。

 


その後、リヨン駅の近くのショッピングモールで、別々に買い物。


2時間後、すごいいい買い物ができてテンションがあがり、同期に自慢


ふ「聞いてくれよ!めっちゃいい買い物できてさー!!いやー、うれしー!!!」


同期「よかったねー、何買ったの??服??」


ふ「いや!最近iPadの充電器調子悪かったから、充電器!!あと携帯充電器なくしちゃったから買った!!さっき充電したんだけど、まじではやい!!助かるわー!!!」

 

 

 

 

 

 


同期「なんか・・・・・つまんねー男だな」

 

 

 

 

 


(;ω;)

 


だって、服とか欲しいのなかったし・・・iPad充電器調子悪くて最近電池切れ多かったし・・・・いい買い物できたのに・・・・うぅ・・・

 

 

そんなこんなで、日も暮れてきて、リヨンのノートルダム大聖堂に向かいました。


向かう目的は、ノートルダム大聖堂の近くから日没を見ること!歩いて大聖堂に向かいます。


途中の橋から

f:id:fujitk810:20150614074011j:plain

川辺で酒飲んでる人たち見て、川沿いの生活もいいなーと思いました。川のある街っていいね。

 

大聖堂に行くまでにはかなり急な階段を登らなきゃいけないので、電車で行く方がおすすめかもしれないですね(^_^;)


途中でこんなバラのアーケードを通ります。

f:id:fujitk810:20150614074208j:plain

そんなこんなで、ビューポイントに到着!

f:id:fujitk810:20150614074310j:plain


夕焼けが街を照らして、とてもきれいでした。


その後、日没を観に行くために、西の方に移動。しかーし、これがすごい遠かった!!

途中の景色、まだ沈まないで―!!

 

f:id:fujitk810:20150614074404j:plain

歩いて10分以上かかり、到着!だけど、もう沈み終わった後でした。。。おしい。。。

 

f:id:fujitk810:20150614074442j:plain

ちょっと残念でしたが、まぁ、途中で夕焼けに照らされる街を観れたので、個人的には満足!帰りは電車で。夜のノートルダム大聖堂もきれいでしたよ。

f:id:fujitk810:20150614074603j:plain


こんな感じで、リヨンを散策したのでしたー

ニースはナイスだった!?【ニース 1日目】

朝から美術館に!ちなみに、この時にすでに同期は自分に地図を触らせてくれなくなりました。。。。信頼って。。。普段の積み重ねだもんね。。。うぅ

 


午前中は「シャガール美術館」に!

f:id:fujitk810:20150613042804j:plain


この人の作品は神話の場面をえがいたものが多く、独特のタッチも相まって、何とも言えない不思議な感覚になる絵画が多かったです。


なんか殺しちゃったときの絵(あいまい)

f:id:fujitk810:20150613035137j:plain

70歳のおばあちゃんが懐妊したことを天使が告げに来た絵

 

f:id:fujitk810:20150613040926j:plain

シャガールが奥さんに贈った絵の1つ。

f:id:fujitk810:20150613041314j:plain


こちらのホールではシャガールの生涯についての映画が放映されてます。

f:id:fujitk810:20150613042634j:plain


とりあえず、シャガール夫婦が美男美女だった。っていう印象がすごい強かったです。

そして、午後は別行動!同期は他の美術館を観に、自分はニースの王宮を観に、ビーチに向かいました!

 


ビーチに向かう途中の広場。柱の上に座る意図がまったくわからない。

 

f:id:fujitk810:20150613042930j:plain

広場からビーチへの道のりはさながら城下町のようでした。城下町を歩き、ビーチに到着!

f:id:fujitk810:20150613043414j:plain


そこから、お城に登りに行きました。階段で行くこともできるのですが、無料だしエレベーターで。


お城から見るニースの景色。きれいな街並みだー

 

 

f:id:fujitk810:20150613150725j:plain

 

f:id:fujitk810:20150613151326j:plain

 

f:id:fujitk810:20150613151527j:plain

 

f:id:fujitk810:20150613151655j:plain

 


景色を存分に楽しんで、再度同期と合流。バスでキセルしてないのにキセルと決めつけられて罰金を払わされたことにお怒りのご様子で、ドンマイしか言えなかった。ドンマイ。


その後、夜のうちにリヨンに到着!同期の宿で、iPadなどを充電した後、自分の宿に。

 

 

 


電車で揺られて20分くらい。都心部からは少し離れているところを予約してしまったのです。

 


駅についてからまるで迷路のような道を歩き、目的地に。。安宿だからって完全に宿選びに失敗したな。。。


宿の住所についたのは深夜1時前。都心から離れているせいもあってか、お店もなく、あたりは真っ暗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、宿の電気も真っ暗。鍵かかってる。

 

 

 

 

 

あぁ、絶望ってこういうことを言うんだな。

 

 

 

 

 

え!!なんで!!??入れないじゃん!!!てか、フロント完全に閉まってるじゃん!!!!!!

 

場所を間違えたか??と思い、メールをチェック。おっと、チェックインは23時までって書いてあるぜ!!なるほどー!!


今まで、チェックイン何時までって書いてあっても、言うて遅れてもチェックインできていたので完全に気が緩んでいたのです。

 

何が最悪って、都市部から離れているため、
・夜遅くまでやっているバーもない


・他の宿も近くにない


・てか、まず人がいない、終電もない

 

 

 

うわぁぁぁぁぁぁ!!

 

なんとか近くにバーとかないか探すと、1軒だけ発見!!しかし、2時まで。。。。2時以降どうしよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


仕方ないので、宿の前で野宿してやりました。

 

 

~~~

 

朝5時半に目が覚める。意外と寝れたことに驚きつつ、始発で同期の泊まっているホテルに。


ホテルのフロントに泊めてもらえないか聞くと、1室だけ空いてて朝7時にチェックインさせてもらえる。本当にいいホテルだった(T◇T)


あったかい布団で、同期との集合時間まで寝る。すごい、床が冷たくないってこんなに気持ちいいんだ。。。。

 

10時に同期と合流して、昨日の野宿体験を話す。ドン引きというより呆れられる。まぁ、笑い話だよねー!!ハハッ!!

 

同期「まぁ、いい経験だったじゃん・・・・けど、

 

 

 

 

歩いてこっちのホテルまでくればよかったんじゃない?フロント24時間やってるし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カシのカランク【マルセイユ 1日目】

マルセイユには朝の8時ごろ到着!さて、1日何をしようか。。。マックで作戦会議。


会議の結果、カシに行って、カランク(海岸線)見て、ブイヤベース食って終わり!ということになり、いざカシ!

 


カシにはマルセイユからバスで移動。バスからの風景がすごいー!テンションあがるわ!!!

f:id:fujitk810:20150612172732j:plain

 

バス停からちょっと迷ったけど、無事到着!!

 

 

f:id:fujitk810:20150612172800j:plain


すごいきれいな街並み!!絵葉書のような風景に二人とも大興奮!!!

 

f:id:fujitk810:20150612184611j:plain

 

 少し歩いて海辺に。きれいすぎて絶叫した

 

f:id:fujitk810:20150612184857j:plain

f:id:fujitk810:20150612190650j:plain


リゾート地なので、まわりにはセレブな感じの家族がたくさんいました。家族ができたら絶対またここに来る!そんな目標ができました。

 

カシの街を少し散歩。おしゃれな街並み、かつ、お土産屋さんがあってのどかに楽しく回れました。ここで、サンディエゴにいる同期に向けて絵葉書を購入。

 

f:id:fujitk810:20150612191117j:plain

 

はい、完全に悪ふざけです。

 

続いて、カランクを観るためにハイキングコースに。インフォメーションセンターで地図とコースを教えてもらえましたー

 

コースに行く途中の海岸~

f:id:fujitk810:20150612191519j:plain

f:id:fujitk810:20150612191551j:plain

結構な坂道を歩くと、カランクが見えてきた!

f:id:fujitk810:20150612192747j:plain

さらに歩くと、ボート置き場。発見。

f:id:fujitk810:20150612192953j:plain

ここでクルージングとかたまんないよね。そういうツアーもあるみたいですが、今回は不参加。

 

少し歩くと


いやぁぁ!!!!!!!!

 

 

f:id:fujitk810:20150612193332j:plain


なんだこれ!!!

f:id:fujitk810:20150612193507j:plain

 コバルトブルーの海にテンションがたあがり!すげーきれい!!やったー!!写真とりまくるぞー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と思った矢先に電池切れ・・・まじかよ・・・・

 

 

同期から写真をもらいました。本当に一緒にいてくれてありがとう・・

 

f:id:fujitk810:20150612193835j:plain

 

 

f:id:fujitk810:20150612193920j:plain

f:id:fujitk810:20150612193942j:plain

 

すばらしい景観。本当にここに来てよかった。

 

ただ、かなり足元が悪いので、訪れるときはサンダルは絶対無理です。しっかりした靴でいきましょう。

 

 

この写真は、知らないうちに、老夫婦の間に座ってしまった自分です。すげー、気まずかったけどパン食べ終わるまで移動できなかったから、大変でしたわ

f:id:fujitk810:20150612193848j:plain

 

こんな感じでカランクを楽しんだ後は、山登り?のようなコースに行きました。ここで同期がスゲー早く登ってる傍ら、ばてばてだった自分が情けなかったです。

 

かなりのきつい坂道をのぼりきるとこんな景色!

 

f:id:fujitk810:20150612194448j:plain

この景色も絶景でした!!ただ、自分はばてばてで絶叫はできなかった!

 

このハイキングコースはもう一度下って登る道があるのですが、時間の関係と自分の体力の都合でここで断念。

 

 

カシはマルセイユから少し遠い、かつ、バスの本数が少ないのでアクセスはいいとは言い難いですが、マルセイユに来たときは絶対に行った方がいいスポットです!!自分はまた来てハイキングコースリベンジします!

 

それに日帰りだと時間を気にしなきゃいけないので1泊するのがベストだと思いましたね。他にも海辺のレストランでシーフードを食べたり、カシワインを飲んだりもしたかったんですが、断念!こっちもリベンジするぞ!!

 

その後、マルセイユの海岸沿いに移動し、ブイヤベースを食べて、ニースに移動しました。明日はニース観光だー!

カサカサな1日【バルセロナ 2日目】

朝、どたばたしながらも「カタルーニャ音楽堂」のツアーに参加!

 

ここはもともと地元向けの音楽ホールだったんだけど、このデザインが世界的に評価されて有名になったんだって by同期からの伝え聞き

 

f:id:fujitk810:20150612035303j:plain


豪華なホール!

 

 

パイプオルガンもとても神秘的

 

f:id:fujitk810:20150612153904j:plain

2階からの視点。ここの建物はほとんどの壁がスタンドガラスでできているから場内の明るさはほとんど太陽の光でまかなっているの

f:id:fujitk810:20150612080220j:plain


天井のスタンドガラスが個人的にはとても気に入りました。

 

f:id:fujitk810:20150612154050j:plain

 

 

 

f:id:fujitk810:20150612154131j:plain

一休みした後、「カサ・バトリョ」に。これもガウディ作。入場料21ユーロ、たけぇ!!!

 

 

ただ、ここのオーディオガイドはスマホみたいな形式なんですが、カメラを通して建物を見ると3Dで建物の世界観にマッチした様々なアニメーションが現れてくるので、非常に見ごたえがありました。


もちろん、3Dなしのそのままの建物も見ごたえはばっちり!海をモチーフにしたこの建物は落ち着いた安らぎを感じることが多かったです

f:id:fujitk810:20150612154717j:plain

f:id:fujitk810:20150612154809j:plain

 

f:id:fujitk810:20150612154930j:plain

 

f:id:fujitk810:20150612154959j:plain

 

f:id:fujitk810:20150612155027j:plain

ガウディが「海」という自然の中でも形にしにくいテーマを選び、海をどう表現したかという観点で見ていたのですが、なかなかやるよ。ガウディ。よかったよ。


「カサ・バトリョ」はプロジェクション・マッピングのイベントでも使用されていて、建物内部では実際のプロジェクション・マッピングの様子を模型で見ることができます。とても素敵だったので行った際にはぜひ!!

 

 


最後に、「カサ・ミラ」。はいはい、ガウディガウディ。

 

f:id:fujitk810:20150612071846j:plain

だけど、こちらは時間の都合上、中は見学できなかった。。。昼飯の時間長すぎたね。。。。


お土産屋さんからの風景

f:id:fujitk810:20150612075841j:plain

 

こんな感じで、バルセロナは2日とも芸術を楽しみました!自分だけだったら、行かなかっただろうなーってところを同期のおかげで行けたので、本当に感謝!なんか芸術的センス上がった気がする!(きのせい)

 

バルセロナから、むかうはフランスのマルセイユ。この日も移動は大変でしたが、なんとか頑張りました(^◇^;)